あなたの知らないスープの世界

「マツ◯の知らない◯◯の世界」風なタイトルを付けてみたんですが
(デザイン部は結構あの番組が好きです)

 

皆さん。

「うすい豆」で作るスープってすごく難しいことはご存知ですか?

 

 

デザイン部ははっきり言って知りませんでした。

 

どう大変なのか

 

まず、その①

「うすい豆」が大量に必要。

 

豆はじゃがいもや人参とちがって、一粒がとても小さいです。

 

ですので、うすい豆のサイズによりますが、うすい豆のスープは大量の「うすい豆」が必要です(そりゃそうです。)

よくスーパーなどで売られているうすい豆は皮に入っていますよね。

でも皮はスープでは使用しません。豆のみです。ですので、購入する場合は、倍の量が必要なのです。

 

その②

手間がかかる。

 

うすい豆は、皮に覆われているため、スープを作るには、まず皮から取り出さなければなりません。

さらに、スープを作る場合、ミキサーなどでかくはんさせるんですが、それをしすぎると風味や色が損なわれてしまうので、見極めがとても大切なんです。

 

その③

色が変色しやすい。

 

うすい豆は、アボカドのように、時間が経つとどんどん変色していきます。

せっかく綺麗な色をしていたのに、残念です。

ですので、作り置きがあまりできなスープなんです。

 

通常よりコストと手間がかかるのが、この「うすい豆」のスープなんですが

 

やっぱりフレンチ。

一度は食べてみたいスープの一つです。

 

ということで、シェフに作ってもらいました(^^)

 

 

本日のディナーから

うすい豆の冷製ポタージュ」がお召し上がりいただけます♪

やっぱりシェフ普通の「冷製ポタージュ」ではありませんよ♪

それはお召し上がりいただいたあなたがけがわかる仕掛けになっております♪

 

なくなり次第終了ですので、どうぞ一度お召し上がりくださいませ。

 

本日もこのブログをご覧のあなた。

あなたのご来店を心よりお待ちしております♪

 

ご予約状況はこちらから
⬇️

ご予約状況

本日も皆様にとって素敵な1日となりますように・・・♪